ワークショップ

WORKSHOPS

開催レポート
コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップ
CASE # facebook twitter
2017年12月2-3日、東京にて第9回COJ主催コミュニティ・オーガナイジング・ワークショップを開催しました!

2017年12月2-3日、汐留ビルディングにて「コミュニティ・オーガナイジングワークショップ」を開催いたしました。老若男女問わず、育児・働き方・文化保全・再チャレンジ・性等多様な関心・ライフステージで活動されている総勢33名が参加され、コーチ陣を含める青森から九州まで、日本全国から人が集う場となりました。

今回の参加者は、女性のエンパワメントをされている学生・新社会人をはじめ、現職の議員や労働組合など社会活動に参加されている方がたでした。コミュニティオーガナイジングにおける「同志」の観点では、日々育児に向き合っていらっしゃるお父さま・お母さまや、発達障害の方々のコミュニティ作りをされている方もいらっしゃいました。

初めて出会う方々同士ということもあってか、日程前半では場の空気を読んでいるおずおずとした空気を感じましたが、講義やワークの都度行われるペアトークの際に「まだ話していない方と是非話したい」と、自然に席を移動して繋がりを増やしていこうとされる様になり、「踏み出す勇気」「互いに学びを深め合いたい意欲」を感じることが出来ました。講師の問いかけになかなか最初の手が挙がらなかった方々が、2日間の終盤には、前に出て話す方に「がんばれ!」「大丈夫!」と自然に声をかけるようになっていったのが印象的でした。

機材トラブルに見舞われコーチサイドからも不安な表情が見えた初日。「いったいどんな場になるのだろう?」と不安と期待の入り混じる表情で講義を聴きはじめ、最初のコーチング実践では「どうしても活動ばかりを訊いてしまって…」と普段と違う会話のものさしに戸惑ったり、「こんなにじっくり聴いてもらえることがないので嬉しかった」と希望を得たり。この後も2日間、講義と実践、共有を繰り返していきました。

「ストーリーオブセルフ」を通じて自身と他者の価値観に触れ、「関係構築」のワークで共通点を見出していく。「目の前の育児に関心がある私と、22世紀に遺したいものに関心のあるお相手の共通点ってなんだ?」「成長、という言葉が嫌いなのですが…」と、不安そうな表情を見せていらっしゃった参加者が、「世代を繋いでいく“ひと”を大切に想う気持ちは一緒なのではなかろうか!」とか「『どういう意味合いで“成長”という言葉を使っていらっしゃるんですか』と尋ねてみたら、大事にしたいと想っているものが一緒でした!」と、手応えを得て顔を綻ばせる様になりました。

 

『cant take my eyes off you(君の瞳に恋してる)』の高揚感溢れるBGMの中始まった2日目。参加者の挙手も発言もスムーズになり、「戦略構築」では活発な議論があちこちで交わされていました。ポストイットと模造紙を活かして次々にプランを出していくチーム、冒頭から全員が立ち上がって触発を大事にするチームなど特色豊かな学びの姿勢が見られました。

「チームー!ワン、ツー、スリー! へーんしんっっ!!」(コーチ一同)

はじめは居た堪れない空気に包まれたチームチャント。6チームそれぞれが「キャンペーン」づくりに頭をフル回転させた後のわずかな残り時間で、チーム名と共にひねり出したチームチャント。「あれ、やってみたら楽しいじゃん」と気付いてしまったチームチャント。いかがでしたでしょうか?考えぬいたプロジェクト、実現をイメージしたイラストと併せて、声を合わせたチャントの発表で会場の一体感が高まりましたね。僕は大好きです。

「エナジャイザー」、「アクション」もそうですが、身体を動かして得られる心のほぐれる感覚とか一体感って、真剣に考える場だからこそ大切なんじゃないかなぁと思います。

そして最後のパブリックナラティブ。切々と語られた「皆さんそれぞれにあるはずの大切にしたい、瞬間」。自身にとっての大切にしたい人、こと、時間を思い返されたのではないでしょうか。登壇者それぞれの、勇気を振り絞って立つ姿、声を震わせながらも真っすぐに言葉にし続ける姿を目の当たりにして、ストーリーの力を強く、感ぜられました。参加者に伸びを促して気付いていなかった「顔のほころぶ瞬間」のアス感を醸成された着眼点には唸らされました。

延べ20時間を超える長丁場の2日間。常に時間に追われ、「自転車に乗ろう!」と背を押し出される2日間。一緒に過ごした仲間たちとの振り返りです。

「“聴く“ことばかりに躍起になっていたけれど、自分も勇気を出して価値観を伝えることが大事だとわかった」

「自身と全然違う活動をしている方々とも、想いを同じくすることができると勇気をもらえた」

「ことばを大切にしたい。そこに込められた相手の想いをちゃんと知ることも含めて」

「いつも接している人のセルフを聴いて、知らなかった一面やルーツを知ることができた。もっと話したい」

「2日間を通じて勇気をもらえた。どんどん声を出したいと思うようになっていく自分に気付いた」

実感のこもったたくさんの、学びの感想をいただきました。

「自分の会社でキックオフ、やってみようかな」と実践への意欲を話す方もいらして、前へ進む力強さを感じました。こうやってコミュニティオーガナイジングが盛り上がっていくことを期待し、応援して参ります。一緒に頑張っていきましょう。

文責:岡田 学 (コーチ)

開催概要

開催日時
2017年12月2-3日9:00-19:30
開催場所
汐留ビルディング
MAP
主催
NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン