ワークショップ

WORKSHOPS

受講者たちの声
パブリック・ナラティブ・ワークショップ
VOICE #59 facebook twitter
あまみ悠
「己育てプロジェクト」
株式会社ライフコーチジャパン代表取締役

ワークショップに参加した動機は?

スピーチの勉強をしているのですが、言葉に感情を乗せることが難しく、話し方が平坦になってしまう……突破口を探していました。そんなときにお知り合いの方からCOに参加した話を聞いて興味を持ったのです。コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンのHPを開いてみると、スピーチのみならず、リーダーシップ、企画の作り方、コーチングにも内容が及んでいてさらに興味が強まりました。また、尊敬するガンジーやキング牧師の話も出てきてますます惹かれました。

ワークショップに参加した感想は?

一言でいえば「深くて濃くて、忙しかった!」短時間で学んだ内容を反芻することなくすぐにグループで実習するので、息つくヒマがないように感じましたが、その制限時間が能力を引き出してくれるとも感じました。また、タイムスケジュールの管理やノームの決め方など細部まで自主性と効率を重視した運び方がとても勉強になりました

今まで参加してきたワークショップとの違いは何ですか?

スピーチの学びという比較から考えると、上手になるテクニックやノウハウではなく、企画全体に必要かつ重要なピースとしてのスピーチ構成を学ぶことができました。

コミュニティ・オーガナイジングを今後の活動にどう活かしたいですか?

未来を創る子どもたちが、自他を大切にする豊かな心を持つことが、社会全体の豊かさにつながると信じています。そのためには成長の土台となる親子関係で、お母さんが子どもの安全基地であることが大切です。その支援として、お母さんとプレママの自己肯定感を高める「己育て(こそだて)プロジェクト」を始めました。今回学んだことを活かして、この「己育て(こそだて)プロジェクト」をもっと多くの方に知っていただくために、そして同志と出会い、手をつないでいくために動画配信や講演活動をとおして母親の自己肯定感と精神的成長の大切さを伝えていきたいと思っています。